商品カテゴリ一覧 > 蕎麦打ち道具 > のし棒



規格 & 材質 へのこだわり

麺棒手打ち蕎麦の良さは機械では作ることのできない繊細な麺を打つことが出来るというところです。同じ材料を使ってもその時その時で生地は表情を変えます。その生地の強さや粘りを一番感じる道具がのし棒になります。
のし棒は、太さや重さによって生地に与える圧力が変わってきます。
細いのし棒は接点が小さく圧力が強くかかり、太いのし棒は圧力が浅くかかります。
一般的にそば粉が細かい場合は細く、そば粉が粗い場合は太い方が良いとされています。
しかしながら、その時その時で表情を変えるそば粉に合わせてのし棒を複数本そろえることは現実的には非常に難しいところです。
当店ののし棒の太さは、実店舗での経験から約3cm。また、太さと重さの兼ね合いから繊細なそば粉に悪い影響を与えない軽い檜が適正であると考えております。

漆塗り と 白木 の違い

麺棒白木と比較し、漆塗りは表面が硬化していることもあり生地の湿度に左右されにくく、生地をのしやすいです。
また、やはり漆塗りは高級感が味わえます。
注意点として、漆でコーティングされていますので、ぶつけたりするとそこから綻んでしまいますので取扱いにはより注意が必要です。







90cm と 110cm の違い

生地にはかならず水分が含まれているので、のし棒を使い続けるとのし棒が湿ってしまい転がり難くなります。
また、のし棒には、"生地をのばすための棒"と"生地を巻き付けるための棒"との二種類の用途があります。
のばすのし棒は、どこの面を使用しても生地に左右されることはありませんので、打つ生地の量により長さを選びます。
巻くのし棒の場合は、生地を巻き左右を手で持てるようにする必要がありますので、長めののし棒を用意していただくと良いかと思います。
目安といたしましては、

生地の量 のし棒 あくまでも参考ですのでお好みでお選び下さい
500g 90cm×1本
1.0kg 90cm×2本
1.5kg 90cm×3本
2.0kg 90cm×1本、110cm×2本
2.5〜3.0kg 110cm×3本


※大変人気が高いため在庫がない場合は納品までお時間をいただくことがございます。
お急ぎの場合は、ご注文前に一度お問い合わせください。


4 件中 1-4 件表示 

檜 漆塗り仕様 のし棒 90cm

紗羅餐の職人も使用する
檜 漆塗り仕様 のし棒 90cm

当店特別価格3,780円(本体価格:3,500円 + 消費税:280円)

お気に入りに登録 お気に入りに登録済み
檜 漆塗り仕様 のし棒 110cm

紗羅餐の職人も使用する
檜 漆塗り仕様 のし棒 110cm

当店特別価格4,968円(本体価格:4,600円 + 消費税:368円)

お気に入りに登録 お気に入りに登録済み
檜 白木仕様 のし棒 90cm

紗羅餐の職人も使用する
檜 白木仕様 のし棒 90cm

当店特別価格2,592円(本体価格:2,400円 + 消費税:192円)

お気に入りに登録 お気に入りに登録済み

檜 白木仕様 のし棒 90cm

紗羅餐の職人も使用する
檜 白木仕様 のし棒 110cm

当店特別価格3,240円(本体価格:3,000円 + 消費税:240円)

お気に入りに登録 お気に入りに登録済み

4 件中 1-4 件表示